賃貸住宅の空室でお悩みのオーナー様へ

「リノベーション」で競合物件との差別化を図る

賃貸住宅は今、借り手市場となっています。
人口の減少に伴い、空室も増え頭を抱えておられる賃貸住宅のオーナー様は多いでしょう。

現代はスマートフォンやインターネットの普及により、家を借りるユーザーが自ら住みたい家を詳しく検索し、ネット上で候補を絞って家を借りる方が増加しています。「45%はネットで決めてくる」とも言われているのです。
そのため、物件をアピールするポイントとして、立地や価格だけなく、「かわいい部屋」「かっこいい部屋」「おしゃれな部屋」といったデザイン性がとても重要になってきています。

オーナー様が物件をお持ちの場所はどんな環境で、どんな人が住むことが多いか、さんらいずの今までのノウハウを活かしたマーケティングを基に、リノベーション案をご提案しお部屋の商品価値を高め、ユーザーに「選ばれる物件」を作っております。

オーナー様にも、ユーザー様にもうれしい
さんらいずではそんなリノベーションをご提案させていただきます。

賃貸住宅の空室でお悩みのオーナー様へ